メニュー

社会人に好まれるLINEスタンプの作り方

2016年10月4日 - 未分類

LINEスタンプを社会人向けに制作、販売する場合、どのように作ったら良いのでしょうか。
社会人に好まれるメリットや作り方のコツを紹介します。

・LINEスタンプを社会人向けに作るメリットって?

社会人は年齢、職業によって様々ですが、
基本的に仕事関係、交友関係、プライベートなど人と関わる機会が沢山あるのが特徴的。
そして、その際の連絡手段として扱われるのがLINEなのです。
ですのでLINEスタンプもそれに伴う形で、沢山の相手に使われる機会があると言えるんです。

こうしたメリットから社会人をLINEスタンプのターゲット層にするのは大変オススメ。
しかも、結婚している方ならば親から子に、子からその友達に、そして友達から友達へと
スタンプ人気が広がる事も十分あり得ます。
・社会人向けのLINEスタンプはどう作れば良いのか

まずLINEスタンプのデザインですが、社会人向けに作る場合はあまりはっちゃけ過ぎないものが
望ましいです。
これは何故かと言うと、付き合いの幅が広い人でも、LINEスタンプの使い分けをする人がそこまで多くないため。
状況や相手に応じて、使うスタンプを変えるという事を意識している人はそこまでいないようです。

そのため、どんな相手でも、どんなグループにでも使えるLINEスタンプ、というのが
社会人に好まれるスタンプの最低条件と言えるでしょう。

それを踏まえると、デザインはゆるキャラ、可愛い系キャラのような物がオススメです。
もちろん前提としては男女兼用で使えるものであることが必須。
あまりに可愛すぎるものは男性層が扱いづらいですし、あまりにくだけたものは
女性層が手に取りづらいので注意が必要です。

社会人向けという括りならば中高年層も視野に入れなければいけません。
中年層は若年層と知り合うためにLINEを取り入れるなどの活動も活発的です。
それに伴う形でLINEスタンプも若い男性、女性が好みそうなものを抑えておくことが多いので
スタンプ購入層として十分期待できます。

ちなみに、スタンプ制作に関しては絵が描けなくてもスタンプ制作業者に頼むことで、販売まで進められます。
殆どのスタンプ制作業者は専属のイラストレーター、デザイナーが居るので
最低限のラフ(特徴が分かる程度のデザイン)さえ出来ていれば引き受けてくれますよ。
もちろん、この場合はそれなりの金額がかかりますので、しっかりとスタンプに含めたい要素を
業者に伝えることが大事です。

・LINEスタンプを販売するためにしておきたい工夫

社会人相手に販売する訳ですから、もちろん社会人が居る場所で制作したLINEスタンプを
宣伝しなければいけません。

そこで今回の場合はフェイスブックなどを利用するのがポイント。
フェイスブックは他SNSよりも社会人層が多いので、宣伝するにはピッタリなんです。
アカウントを作ったら適度に交流をして繋がりを増やし、その上でLINEスタンプの宣伝をしてみましょう。

この際宣伝することばかり考えて交流を疎かにしていると、制作したスタンプを見てくれる人が少なくなるので
当然ながら、LINEスタンプの売上げや認知度も上がらなくなります。
まずは、作ったLINEスタンプの存在を知ってもらう部分からスタートしてください。

以上、社会人に好まれるLINEスタンプの作り方として、そのメリット、好まれるスタンプの特徴などを
紹介してみましたが、如何でしたでしょうか。

社会人のLINEでのやり取りはそのまま実生活の印象にも影響します。
ですので、一社会人としてのスタンスを崩さないでLINEを行う方が多いです。
LINEスタンプもそれと同様に、ある程度TPOを加味したものが扱いやすく、好まれやすいと言えるでしょう。
紹介した事柄を踏まえて、是非、多くの人に好まれるLINEスタンプを制作してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です