メニュー

中学生に好まれるLINEスタンプの作り方

2016年10月4日 - 未分類

中学生に好まれるLINEスタンプを作るには一体どのようなことが必要なんでしょうか。
スタンプ販売のターゲットを中学生にするメリットも交えて紹介していきます。

・中学生をスタンプ販売のターゲットにするメリットって?

中学生はLINEを友達だけではなく親、兄弟とよく使うことが特徴として挙げられます。
高校生では友達重視になったり思春期の関係上、親とのやり取りが少なくなってきますが
中学生では比較的その点が少ないんです。

そのため、子供から親、また兄弟に、LINEスタンプの魅力が伝わり、そしてその家族の
友達にも広がっていくという可能性が出てきやすいのが、販売層としてのメリットと言えるでしょう。
もちろん学校行事や部活の関係で友達、先輩とやり取りする機会も多いと言えますので
中学生をLINEスタンプの販売ターゲットにすることは、ある程度の情報の拡散性を得られることに繋がります。
・中学生に好まれるLINEスタンプのデザインって?

まず、大事なのは、スタンプ内容の共感のしやすさと歳相応のキャッチーさ。
中学生は基本的にまだ自分の好みでアレコレ決めるといった行動が少ないです、
世の中の流行に乗ってみたり、友達の趣味のものを試してみたりと
どちらかといえば色々試してみたい時期。
ですので、狭い範囲に受けるようなニッチなLINEスタンプではNGとなります。
周囲の友達などにいいね!と思われるような、ある種の共感性を持たれやすいLINEスタンプが求められているんです。

また、友達に注目されたい、流行の発信源になりたい、という気持ちが出やすい時期でもありますので
これなら注目されやすい、と思える相応の魅力、ある程度の見映えの良さも必須となってきます。

これらの事を踏まえると、シュールすぎるもの、地味めなデザインは出来るだけ避けるべきであると言えるでしょう。

加えて、LINEスタンプのバリエーションの豊富さもこの世代においては重要な点。
中学生の時期はLINEスタンプを使って”用事はないけど
会話をする、または、ふざける”ということがあり得る年齢です。
こうした際に使えるような、パターン毎に色々な魅力が発揮できる、
所謂飽きさせない要素も求められるでしょう。

相手が知らないLINEスタンプを使っていて、相手のスタンプの方がどうしてもよく見えてしまう、欲しくなるということも、
この年齢には頻繁にあります。
そのため、LINEスタンプを使い出したら、一気に宣伝効果が生まれやすいのが中学生と言っても過言ではありません。
最も、中学生はお小遣いが限られているのが殆どなので、実際の売上に結びつくかはその制作したLINEスタンプの魅力次第となります。

ですがその分、スタンプ購入での審美眼は慎重かつ確実なので、
中学生相手に販売できたら、流行に沿ったLINEスタンプが作れたと判断して良いでしょう。
以上、中学生に好まれるLINEスタンプの作り方として販売ターゲットにするメリットや
デザインの方向性を紹介してみましたが、参考になりましたでしょうか。
項目の中で述べたように、中学生という時期は流行というものに興味を持ちやすくなおかつ、
良さそうなものに触れてみたい年頃と言えます。
これはLINEスタンプのケースでも同様で、”流行りそうなもの”ならば遠慮無く飛びついてくれるでしょう。
こうした行動力は、他の世代にはない特徴でもあります。

様々なメリットを持つ中学生層、それらの層に向けて
LINEスタンプの制作、販売することを考えてみては如何でしょうか。

もちろん、今回紹介した事柄はほんの一例なので、その点については注意してしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です